close x

活動のあらまし

NPO法人伊勢湾フォーラムの「活動のあゆみ」の中から主だったものを、
写真を中心に表してみました。
サムネイル(縮小画像)をクリックしていただきますと画像が拡大します。

1  伊勢湾のみなとまち活性化への取り組み
① シンポジウムの開催

②伊勢湾7島を巡る観光ツアー実験

上記①の伊勢湾に関する一連のシンポジウムで提案された成果の一つとして、
伊勢湾に浮かぶ島々のうち人の住んでいる7島(愛知県の佐久島、篠島、日間賀島。
三重県の神島、答志島、菅島、坂手島)を巡る新たなクルージング観光が提案され、
これを実証するための実験ツアーを2008年5月に2泊3日の日程で行いました。

この実験ツアーの好評を受けて、某大手旅行会社から直ちに商品化され
毎年夏と秋のツアーに関東方面からのお客様を含め数多くののお客様に
島巡りを楽しんでいただいております(2009年の実績は約700人)。

シンポジウムでの提案が成果を挙げ伊勢湾を取り巻く地域の活性化に寄与しています。

2 伊勢湾の水環境改善への取り組み
① 伊勢湾域一斉モニタリングへ参加(2009/8)

伊勢湾再生推進会議の呼び掛けに応じ、小中学生親子の皆さんと中川運河で水質調査をしました。

②川や海の清掃へ参加

「川と海のクリーン作戦」((中部地方整備局)等、川や海の清掃活動に参加しています。

③ 山林の保全活動へ参加

「美しく豊かな伊勢湾の実現を目指して」間伐や枝打ち等山林保全の活動に参加しています。

④ ヨシの移植実験

水質の改善効果があるとされるヨシの移植実験を中川運河の一隅で始めました(2010/7/24.)
実験場所は、名古屋市港区南郊公園に隣接する中川運河の支川である小碓運河。
実験に用いた土壌は名古屋港の整備で発生する残土(浚渫土砂)、をドラム缶に詰めて移植基盤としました。
ヨシは名古屋港ポートアイランドに自生したヨシの根茎を移植。移植後は成長過程を観察しています。

3  中川運河再生への取り組み
① シンポジウムの開催

② 水質調査・船上見学会の開催

③ヨット帆走見学会の開催(2007/10)

④ フォトコンテスト・作品展の開催

第5回フォトコンテスト作品募集に先立ち、船上からの撮影会を実施しました。(2010/8/3)
一般市民から公募した17人のカメラマンの皆さんに
中川運河の様々な表情を撮影していただきました。

⑤ 出前講座の開催

名古屋市立露橋小学校など市内の小学生に中川運河の見学会と
中川運河の歴史等の講義を2006年以来毎年行っています。

⑥ 中川運河ゴミ清掃活動(2009/2)

名古屋港清港会のご協力を頂き、伊勢湾フォーラム社員が水面に浮かぶゴミの回収をいたしました。

⑦ 中川運河水上フェスティバルの開催(2009/10)

第1回中川運河水上フェスティバルを開催しました。
ラジコンヨットレースを見たり、やカヌー、ドラゴンボート等の乗船体験など
多くの市民の皆様に水上スポーツを楽しんでいただくとともに
水辺の魅力を実感していただきました。

⑧ 植樹活動(2008/3)

中川運河沿川に立地する企業4社の協力を得て、
水際(延べ220m)へサザンカ130本を植樹しました。

また、中川運河の緑化を推進するため、緑化資金の募金活動も行っています。

⑨ 電飾ヨットの展示(2008/12)

クリスマスイブに開催される名古屋港花火大会に合わせ、
中川運河に電飾ヨットを浮かべて、運河の魅力を市民に訴えました。

⑩「中川運河の今昔」写真の展示

中川運河を多くの方々にご理解いただくために、
機会あるごとに中川運河の今昔の写真を展示しています。

4 半田運河(衣浦港)活用への取り組み

半田市内中心部にある半田運河を活用した地域振興を図る試みとして
半田市観光協会等と共に実験ツアーを開催しました。

5 海洋スポーツ振興への取り組み

① ヨット操船の手ほどき

毎年8月に名古屋港で開催される「ボート天国」
(主催 ボート天国実行委員会)の機会を始め、
市民の要請を受けつつ伊勢湾フォーラムのベテランヨットマンによる
ヨット操船の手ほどきをしています。

6 人材育成への取り組み

名古屋港生涯学習センター主催の「みなとマイスター養成講座」
へ社員を講師として派遣し現地実習を含む講義を行いました。(2009/2)