close x

活動のあゆみ

年度 記事
 2012 3 親子対象に名古屋港の見学並びにアコヤ貝の観察体験や貝殻を使った工作等を通じて、海の環境の大切さを学習する環境体験ツアーを 実施した
1〜3 環境学習啓蒙活動の一環として、「森・川・海」のパネル展を開催し、貝殻を使った工作及び万華鏡作りの環境教室を開催

 

 

2011 12 名古屋市・管理組合主催の「中川ふれあいまつり」へ社員6名派遣 し、活動内容等のプレゼンテーションを行い、パネル展等に参加した
11 岐阜県恵那市で行われた「第4回庄内川源流・森の間伐作業体験活動」に間伐作業に参加
10 港湾局認定「運河魅力再発見プロジェクト」への取り組みとして、「中川運河水上フェスティバル」を開催・名古屋市ボート協会が毎年主催している「名古屋レガッタ 2011(第29 回)」、3万円寄付した。この寄付は、中川運河再生への願を込め平成18年以来毎年実施
9 「伊勢湾とその流域の環境改善」を一般市民に学んでもらうため、「森・川・海」DVD による水質環境学習、中川運河や名古屋港を船 で現状視察のため案内をした
8 名古屋市中川区役所まちづくり推進室「なかがわ子ども探検隊(中川運河の魅力親子勉強会)」へ社員を案内役として派遣し、水質調査 や水質テスト、歴史や現況を説明した 伊勢湾再生推進会議の呼びかけによる「伊勢湾流域圏一斉モニタリ ング調査」に呼応し中川運河の4地点において船上から水質や浮遊 ゴミの状況調査を実施
5〜 港・中川生涯学習センター合同講座へ講師として社員を派遣した (5.6.7.11月6回講座)
5 なごや環境大学講座「中川運河よみがえらせたいプロジェクト」「都 市計画・まちづくり」への協力依頼により社員4名案内役として派 遣し、運河周辺散策しをしながらの歴史等を説明した
4〜10 中川運河に於いて、水質浄化作用のある二枚貝「アコヤ貝」の成長を定期観察、水質、塩分濃度、比重等の観察も行った
4 知多市新舞子海岸で行われた「2011 名古屋みなとクリーンアップ作戦」に参加
3 中川運河や名古屋港の環境学習の場を積極的に提供した功績によ り、中川生涯学習センター及び港区生涯学習センターから各々感謝 状を授与された ・親子や、一般社会人を対象とした「中川運河・名古屋港見学会」を6月から23年3月までの間に4回開催

 

 

2010 11 中川運河第5回フォトコンテスト作品展を開催(2日~7日)
岐阜県恵那市で行われた「第3回庄内川源流・森の間伐作業体験活動」に間伐作業に参加(14日)
10  名古屋市ボート協会が毎年主催している「名古屋レガッタ2010(第28回)」(4日)へ、3万円寄付した。この寄付は、中川運河再生への願を込め平成18年以来毎年実施
常滑市鬼崎海岸で行われた「2010名古屋みなとクリーンアップ作戦」に参加(11日)国土交通省中部地方整備局が平成元年から地域住民に呼びかけている「川と海のクリーン作戦」参加し木曽川岸でゴミの収集を実施(24日)
9 「国際航路協会アジア地区125周年記念事業」大会への支援(13日)
名古屋港湾会館で開催された機会を生かして、同大会へ中川運河のPRとして中川運河のパネル展を開催すると共に、同運河の風景を代表する一つである松重閘門の図を焼き付けた木製の小物入れを大会への参加者全員に贈呈(この支援活動にに対して、国際航路協会に本部会会長から感謝状を授与された)
(11月22日)
「中川運河、堀川の魅力再発見プロジェクト協議会を開催。(14日)
協議会の活動計画修正案及び第2回水上フェスティバルの開催について討議
第2回水上フェスティバル(ドラゴンボート大会)」は準備を進めたものの台風の接近に伴い中止
8  伊勢湾再生推進会議の呼びかけによる「伊勢湾流域圏一斉モニタリング調査」に呼応し中川運河の4地点において船上から水質や浮遊ゴミの状況調査を実施(3日)
名古屋市中川生涯学習センターの要請により、「まるはちの日」の行事として「中川のお宝発掘」に参加した親子15組30名を中川運河を船で巡り閘門の仕組み体験、運河の生き物、や倉庫群、クレーン、など運河の現状を視察すると共に、水質調査体験などの機会を提供(3日)
小学生に対して、海岸清掃で集めた漂着物を利用した作品「シーボーンアート作品展」と貝殻を利用したランプ作り体験教室「海の環境工作教室」を開催(7~8日)
ボート天国実行委員会主催の「ボート天国」に協賛者としてヨットを提供し、ヨット体験乗船20名の親子に楽しんでいただいた(29日)
7  名古屋市港生涯学習センターの要請により、
「名古屋港自然観察会」として、親子15組35人の参加者に港区空見町にある国交省の
構内を借用して水質体験と海の生物体験学習としての魚釣りの機会を提供した。(10日)
ヨシ植生水質浄化社会実験を開始。
ヨシの水質浄化効果に着目し名古屋港ポーとアイランドに自生した、ヨシを中川運河へ移植し活着状況を観察(7月24日~10月29日)
6 名古屋市中川生涯学習センターへ要請により、環境デーなごや」の行事として親子15組30名を名古屋港を船で案内し港の賑わいを視察すると共に水質調査体験や、貝殻を利用したランプシェード工作を通じて海の環境を学ぶ機会を提供(12日)
また、『名古屋城開府400年記念講座では、聴講生25名を名古屋港から船で中川運河を巡り運河の歴史を学ぶ機会を提供(25日)
5 名古屋港生涯学習センターの要請により、「なごや港マイスター講座」として、28人の聴講生を対象に5月20日、27日、6月3日10日の4回にわたって「港の文化の発信」をテーマに講義した。6月17日24日の両日船による名古屋港の現地学習を行い「名古屋港ガイドボランティア」の要請の機会を提供
4  知多市新舞子海岸で行われた「2010名古屋みなとクリーンアップ作戦」に参加(17日)
2〜5  親子や、一般社会人を対象とした「中川運河・名古屋港見学会」を5月から22年2月までの間に7回開催

 

 

2009 11 中川運河第4回フォトコンテスト作品展を開催(10日~15日)
常滑市鬼崎海岸で行われた「2009秋季ビーチ・クリーンアップ作戦に参加(1日)
岐阜県恵那市山中で行われた「第2回庄内川源流・森の間伐作業体験活動」に参加(29日)
10 第1回中川運河水上フェスティバルを開催。(24日)  開催報告はこちら
中日記事はこちら、この機会を生かして「中川運河緑化基金」の募金を行い、
1,971円の浄財を頂いた。(24日)
名古屋市ボート協会が毎年主催している「名古屋レガッタ2009(第27回)」(4日)へ、
3万円寄付。この寄付は、中川運河再生への願を込め平成18年以来毎年実施
8 中川運河、堀川の魅力再発見プロジェクト協議会」の部会及び協議会を開催し
中川運河で水上フェスティバルを行うことを決定(10日)
伊勢湾再生推進会議が提唱した「伊勢湾流域一斉モニタリング」に呼応し、中川運河内4地点において水質調査を実施(19日)
海洋スポーツの振興をを図るために、伊勢湾フォーラムが管理するヨットを活用した「ヨット体験乗船会」を行い市民15名が参加(9日)
上記ヨットは、ボート天国実行委員会主催の「ボート天国」に今年初めて参加し、伊勢湾フォーラムのベテランヨットマン2名の指導の下で60名の親子が体験乗船(16日)
7 名古屋市名東生涯学習センターの要請により、船による名古屋港の見学会と中川運河での水質調査体験を実施(9日)
6・7 名古屋市中川生涯学習センターの要請により、「運河の魅力再発見」をテーマに中川運河及び半田運河を題材にして現地見学を含め6回に亘る講義実施(6月28日から7月2日の間)
6 名古屋市東生涯学習センターの要請により「中川運河現地学習」として、船による名古屋港の見学会と水質調査体験を実施(2日)
名古屋市港生涯学習センターの依頼により「名古屋港自然観察会」に講師を派遣するとともに、名古屋港での水質調査体験等を実施(13日)
また、8月にはび「マイスター講座」へ講師を派遣するとともに、名古屋港の見学会を実施(3日)
4 知多市新舞子海岸で行われた「2009名古屋みなとクリーンアップ作戦」に参加(19日)
2〜5 知多市新舞子海岸で行われた「2009名古屋みなとクリーンアップ作戦」に参加(19日)
2008 3 名古屋市生涯学習推進センターの要請で「なごや」の歴史、文化、自然などを学ぶインターネット講座へ「なごやの魅力~名古屋港の開港から現在まで」と題した情報を配信(5日)
親子でのんびりと名古屋港周辺を歩きながら「名古屋港の魅力」を実感してもらうために」「歩きたくなる名古屋の海辺ウーキング」を開催。市民40名が参加(8日)
12 名古屋市港生涯学習センターの要請で「みなとまちガイド養成講座へ講師を派遣(12月10日、17日、1月14日、21日、2月4日、18日)
クリスマスイブに開催される名古屋港花火大会に併せて、中川運河の中川口閘門北側へ電飾ヨットを浮かべ中川運河の存在をPR(24日)中日記事はこちら
中川運河など名古屋港で清掃作業をしている「清港会」の協力を得て、中川運河の松重閘門付近で社員が清掃活動を体験
11 名古屋市中川生涯学習センターの要請で「名古屋港および中川運河」講座に講師を派遣(5日)
「中川運河第3回フォトコンテスト作品展」を開催(11日~24日)
岐阜県恵那市で行われた「第1回庄内川源流 森の間伐作業体験活動」に参加(30日)
10 名古屋市立露橋小学校の総合学習「中川運河と松重閘門の歴史」へ講師として社員を派遣 (5日)
鬼崎海岸で行われた「秋季ビーチクリーンアップ作戦」に参加(11日)
賃貸中のヨット(ディボングギグ、船名 マリナーズ)を活用し「ヨット体験乗船会」を開催(19日)
7 名古屋都市センター企画展「堀川・中川運河の再生から明日のなごや展」の記念講演会へ講師として社員を派遣 企画展はこちら
6 社会人や小学生親子へ「中川運河見学会」を6月に1回、7月に2回、11月、12月に各1回計7回実施
5 伊勢湾に浮かぶ有人離島7島(日間賀島、篠島、佐久島、坂手島、答志島、菅島、神島)を船で巡るツアーを実験的に開催 アンケート結果はこちら
4 新舞子海岸で行われた「2008春季ビーチクリーンアップ作戦」に参加(20日)
2007 3 中川運河沿川に立地する企業4社の協力を得て、水際(延べ220m)へサザンカ130本
を植樹(19日) 中日記事はこちら
2 名古屋堀川ライオンズクラブと共に申請していた「風・水・光 名古屋運河ものがたり」が国土交通省港湾局長から「運河の魅力再発見プロジェクト事業」として認定(1月29日)を受け)これを推進するための「中川運河、堀川の魅力再発見プロジェクト協議会」を設立(29日)
1 国交省四日市港湾事務所主催の「第1回モバイル研究会」(17日)を事務局補助として参加
11 中川運河第2回フォトコンテスト作品展を開催(6日~25日)
衣浦港半田運河を活用した「みなとまちの活性化」を図る「舟運社会実験」を実施(24日、25日)中日記事はこちら
10・11 名古屋市中川生涯学習センター主催講座「運河から港へ~名古屋港100周年を記念して」へ講師として社員を派遣(10月16日23日、11月6日、13日、20日)
・名古屋市 熱田生涯学習センター主催講座「熱田から始まる名古屋港の歴史」(名古屋港開港100周年記念事業)へ講師として社員を派遣(10月17日、24日、11月7日21日)
10 名古屋市立露橋小学校の総合学習「中川運河と松重閘門の歴史」へ講師として社員を派遣(5日)
中部産業遺産研究会主催「名古屋の都市づくりと名古屋港の産業遺産」へ講師として社員を派遣(13日)
中川運河ヨット帆走見学会を開催(20日、21日) 中日記事はこちら
8 まるはちの日事業として「中川運河水質調査隊~親子で船に乗って水質調査をしてみよう~」を実施(9日)
7 「伊勢湾シンポジウム2007」を開催(12日)
「海を想う女性達のフォーラム」
中川運河を船で下りながら中川運河の景観観察、水質調査を市民に体験していただきながら海の環境再生に向けた学習活動を実施(24日~27日)
5・6 名古屋市港生涯学習センター主催講座「名古屋港の歴史と文化」へ講師として社員を派遣(5月15日、29日、6月5日、19日、26日)
4〜3 伊勢湾の環境改善を学ぶ、一般市民、小学校の教諭、児童を対象とした「名古屋港・セントレア見学会」を実施(4月3日、9月26日、10月17日、24日、11月24日、3月22日)
2006 3 「名古屋港産業観光モデルツアー」のツアーガイドとして社員を派遣(26日)
2 高岡小学校、野跡小学校、八熊小学校の児童へ「名古屋港見学会」を実施(5日、15日、20日)
1 「眠れるウーターフロンー中川運河」第1回フォトコンテスト作品展を開催(16日~28日)
11 名古屋市熱田生涯学習センター主催講座「名古屋の水運~歴史と未来への展望~」へ講師として社員をを派遣(9日、16日)
10 名古屋市立露橋小学校の総合学習「中川運河と松重閘門の歴史」へ講師として社員を派遣(3日)
9 衣浦港みなとまち活性化方策」についての検討会を開催(20日)
8 まるはちの日事業として「中川運河水質調査隊~親子で船に乗って水質調査をしてみよう~」を実施(8日)
7・8 なごや環境大学共育講座で「眠れるウーターフロン中川運河ー水質調査体験ツアー」を実施(7月25日~28日、8月21日~24日)
7 「伊勢湾シンポジウム2006」を開催(20日)
特別講演「伊勢湾再生への取り組みについて」
パネルディスカッション「長期滞在型健康づくりの観光を目指して」
6 自民党の「都市と農山村の共生・対流をすすめる調査会」とNPO団体との意見交換会へ参加(19日)
2005 3 「中川運河の再生を考える会」を結成して「中川運河再生フォーラム~甦れ、都市の
水辺」を開催(25日)
国交省と協働して親子クルージング「春風に乗って中川運河をさかのぼろう」を開催
2 「愛知の島々シンポジウム」を開催(2日)
特別講演 「伊勢・三河湾における漁業と環境の再生」
パネルディスカッション 「伊勢湾に活力を求めて」
衣浦港 みなとまち活性化に関する座談会」を開催(15日)
12 「堀川1000人調査隊2005」に加わり、松重閘門付近6地点において水質調査を実施(1日)
11 庄内川上流域と下流域の交流を図るため、岐阜県笠原中学校の生徒と多治見
国道事務所職員あわせて約100名を名古屋港内の諸施設の見学会を実施(13日)
伊勢湾に注ぐ庄内川の上流部に隣接する「笠原の森」(岐阜県)で地元の方々と共に、間伐や枝打ち等森の手入れ活動に参加(26日)
10 中川運河開通75周年を機に
シンポジウム「眠れるウーターフロント~中川運河に新たな賑わいを求めて~」を開催(22日)
基調講演「運河を活用したみなとまちづくり」
パネルディスカッション「中川運河に新たな賑わいを求めて」
8 中川運河沿川住民の皆さんに、中川運河の現状や将来に対する要望などの意識調査を実施
7 「伊勢湾シンポジウム2005」を開催(20日)
基調講演「地域を元気にするみなとまちづくり」
パネルディスカッション「活力あるみなとまちづくり」
名古屋市中川生涯学習センターと協働して「船に乗って中川運河を見学しようを開催(30日)
また、同市の港生涯学習センターとは、名古屋港で「水質調査体験」と「ヨットの操縦法」を手ほどき(30日)
2004 11 市制50周年を迎えた鳥羽市と協働で「フォーラム 鳥羽から伊勢湾を考える」を開催 (17日)
10 伊勢湾の風や風土などを紹介する「伊勢湾 風の回廊」を発刊 PDFは、こちら
これを名古屋市内の各図書館に寄贈
9 中川運河の現状を把握するため、船上から視察し、考察(21日)
7 伊勢湾シンポジウム2004を開催(20日)
基調講演「伊勢湾ーお宝の海」「明日の伊勢湾を築く」
パネルディスカッション「伊勢湾のお宝」
6 法人登録(3日)
2003 2 設立(20日)