close x

伊勢湾フォーラム活動主旨

katsudoshushi

伊勢湾は古来より、豊かな海の恵み、すなわち「生活の糧を得、移動する道」となってきました。

そして、社会経済発展に伴う過度な酷使により、

海岸や水質、生態系等に大きなひずみが与えられたものの、

21世紀を迎えた今も、私たちの暮らしや、経済活動、

地域産業の発展に大きな役割を果たし続けています。

一方で、中部国際空港や伊勢湾岸を走る第2東名高速道路、

そして環境万博等の国家的プロジェクトにより伊勢湾は新しい時代を迎えようとしています。

そのような中、これまで、伊勢湾では、ヨット等を通じた青少年育成や、

小中学校や市民団体、企業、公的機関を通じた海の環境や防災についての啓蒙、

海洋環境の調査研究等について様々な活動が行われてきました。

新たな時代には、今までの産業と効率に主軸を置いた

行政を中心とした公共事業に基づく地域整備ではなく

「ひとりひとりの市民の伊勢湾への思い」を的確に反映させることが求められています。

しかし、個々の活動では限界があることから、我々は、

「市民の伊勢湾への思いを集めて、大きな力としていくための組織」として、

「市民生活の中で伊勢湾を親しみ、参加し、教え教えられる場に変えていくための組織」として、

行政や企業とのパートナーシップづくりに努め、美しく豊かな伊勢湾、

活力あるみなとと街づくりを実現できるよう、伊勢湾の名古屋地域を主活動地域として、

公益活動を行っています。

基本理念

市民の伊勢湾への思いを集め、大きな力とし、市民生活の中で

「親しみ、参加し、教え教えられる」場に伊勢湾を変えていきます。

活動の目的

行政や企業とのパートナーシップづくりに努め、美しく豊かな伊勢湾、

活力あるみなとと街づくりを実現できるような公益活動を目的にしています。